こちらの短編は、2014年12月に発刊された「文學界」(文藝春秋)における「各界の文章家が書く『LOVE LETTERS』」という特集企画に寄稿された作品です。

当時『永い言い訳』の原作を書き終え、撮影準備期間に入っていた西川美和監督が、<もしも旅立つ前の妻が、二十年連れ添った夫に一通の手紙を書いていたならば>という仮想のもとに書きおろした、「読まれることのなかった手紙」です。

映画をご覧になる前でもなった後でもお楽しみいただけますが、映画の解釈に影響を与える可能性がございます。そちらをご了承いただけるようでしたら、下記をクリックして、本文へお進みください。



西川美和・著「ラブレター」
西川美和・著「ラブレター」
西川美和・著「ラブレター」
西川美和・著「ラブレター」
西川美和・著「ラブレター」